遺族の服装のマナー、注意すべき点は?

喪主は当然ですが、故人の家族(遺族)は通夜から葬儀までの間の服装は、何かルールがあるのでしょうか?

まず、喪主は正式な喪服を着用します。
遺族も弔問客を迎える立場なので、喪服着用が基本です。

遺族が着用する喪服のマナーやルールを、洋装、和装、男女別でそれぞれご紹介します。

>> 続きを読む

通夜の前の準備のためにやっておくこと

通夜とは、遺族や近親者が故人に最期の別れを告げ、冥福を祈る儀式のことです。
亡くなって悲しむ間もなく、通夜、葬儀へと進んでいきますが、まずは通夜をスムーズに進めましょう。

あわただしい時間ですが、押さえる点を理解して準備を行うことが大切です。
>> 続きを読む

タグ:

カテゴリ:葬儀の流れ  [コメント:0]

葬儀の打ち合わせはどうすればいい?手順やポイントは?

昔は葬儀は自宅で行っていました。
近所の人が手伝って祭壇を作り、僧侶を迎えて執り行ったものですが、最近は自宅での葬儀は減っていき、葬祭ホールや斎場などを利用するケースが増えています。

また、近所の人に手伝ってもらうことは少なくなり、葬儀会社に任せてしまうケースがほとんどではないでしょうか。
葬儀をスムーズに進めるために大切なのが、葬儀会社との打ち合わせです。
特に初めての場合は不安なうえ、なにかとわからないことも多いはず。

葬儀の打ち合わせの流れや押さえておくべきポイントを知っておきましょう。
>> 続きを読む

遺体の安置と納棺の流れ

故人のご冥福と成仏を祈るために葬儀を執り行います。
その準備の段階として遺体の安置と納棺があります。
 

安らかに旅立てるようにという気持ちを込めて、
また、長く患っていた場合はゆっくりと休めるようにという気持ちで送り出してあげましょう。
>> 続きを読む

遺体の搬送はどうすればいい?寝台車はどこに頼むの?

病院で息を引き取った場合は、いったん霊安室に運ばれます。

しかし、何日もそこに安置するわけにはいきません。
深夜に亡くなった場合は仕方がないとしても、なるべく早めにご遺体を移動しなければなりません。
すみやかに病院から運びだせるように、搬送先や搬送方法を前もって決めておくと安心です。

ストレッチャーや寝台車で運ぶ

遺体の搬送の段階で棺に納めるということはありません。

まずは自宅や通夜を行う場所まで運ぶます。

葬儀会社では専用のストレッチャーがついた寝台車を用意しています。
生前に葬儀プランなどを契約していた葬儀会社があればそこに連絡しますが、どことも契約していない場合は病院が何社かを紹介してくれるので聞いてみましょう。

搬送先を決める

遺体は、基本的には通夜を行なう場所に運びます。

多くの場合は「自分の家に連れて帰ってあげたい」ということで自宅に搬送しますが、マンションやアパートでは階段やエレベーターのスペースが小さくて運べない場合があります。

また、仮通夜も葬祭ホールや寺院、教会などで行う場合は、直接そこに運ぶこともあります。
その場合は受け入れ先の状況を確認しましょう。

搬送には費用がかかる

遺体を寝台車で搬送する場合、費用がかかります。
病院から自宅へ、そして自宅から葬儀場へ運ぶ場合、それぞれに費用がかかります。

葬儀にもさまざまな費用がかかるため、遺体を何度も動かさないようにするのもひとつの方法です。
葬儀会社と相談しながら進めるといいでしょう。

死亡直後、遺族は何をすればいい?

臨終と告げられた後、泣き崩れたり、途方に暮れたり……。

しかし、遺族としては次々とやるべきことがあります。

例えば、末期の水をとったり、死化粧をしたり。
最期のときを迎えたあと、立ち会った全員によってとりおこなうことを知っておきましょう。

>> 続きを読む

タグ:

カテゴリ:葬儀の流れ  [コメント:0]

臨終を告げられたときにやるべきこと

死は、たとえどんなに健康な人でも避けることはできません。
余命を告げられていた場合だけでなく、容態が急変したり、急な事故や病変で突然のお別れが訪れたときでも、
気を確かにもって適切な行動をとりたいものです。
>> 続きを読む

タグ:

カテゴリ:葬儀の流れ  [コメント:0]

危篤を告げられたらどうすればいい?

家族の容態が悪化し、医師から危篤を告げられたらどうすればいいでしょうか?

それまでに闘病生活が長く続いていた場合と、急激に悪化した場合では心の準備が違ってくると思います。
 

ただ、それでも、冷静にやるべきことを行いましょう。
それぞれの状況によって異なりますが、ここでは危篤を告げられたときの行動についてご説明していきます。
>> 続きを読む

タグ:

カテゴリ:葬儀の流れ  [コメント:0]

ページの先頭へ