遺族の服装のマナー、注意すべき点は?

喪主は当然ですが、故人の家族(遺族)は通夜から葬儀までの間の服装は、何かルールがあるのでしょうか?

まず、喪主は正式な喪服を着用します。
遺族も弔問客を迎える立場なので、喪服着用が基本です。

遺族が着用する喪服のマナーやルールを、洋装、和装、男女別でそれぞれご紹介します。

 
通夜はバタバタしている状況でもあるので、正式の喪服でなくても問題ないと言われていますが、通夜式が始まるときには喪服かそれに準する服装(黒のスーツやワンピースなど)を着用するようにしましょう。

学生には学校の制服を喪服として着用して構いません。制服がない場合や小学生以下の子どもには黒や紺などなるべく地味な洋服を着せます。

知っておきたい男性の喪服

男性は黒のスーツが基本ですが、和装でも構いません。

男性の和装の喪服 

  • 黒羽二重(五つ紋)の着物と羽織
  • 角帯
  • ※扇子は持たず数珠を持つ。

  • 仙台袴または博多平
  • 畳表の草履(鼻緒は黒または白)
  • 白足袋

男性の洋装の喪服

  • 黒のネクタイ
  • ベスト(上着と共布)
  • 黒のモーニング(昼のみ)
  • ズボン(黒とグレーの縞)
  • ※モーニングは昼の正装なので通夜ではブラックスーツを。
    ※ポケットチーフ、タイピンはしない。カフスは黒石のものを。

  • 黒の靴下
  • 黒のシンプルな靴

 

女性の喪服

女性は洋装の喪服はさまざまなデザインのものが出ています。喪主の場合や夫、親、子を亡くした場合は和装の方がいいでしょう。

女性の和装の喪服

  • ・黒羽二重(五つ紋)または縮緬
  • ・帯締
  • ・黒の名古屋帯
  • ・帯揚げ
  • 白の長襦袢
  • ※夏は黒の絽の紋付きを着用する。
    ※帯留めや髪飾りはつけない。

  • 白足袋
  • 黒い草履

女性の洋装の喪服

遺族として参列する場合は地味なデザインを心がけましょう。

  • 黒無地のシンプルなワンピースまたはスーツなど(長そで)
  • 金具のついていない黒いバッグ
  • 黒または肌色のストッキング
  • シンプルな黒い靴
  • ※えりのあいたものは避ける。スカートは膝が隠れるぐらいの長さ。
    ※結婚指輪以外のアクセサリーはつけない。

子どもの場合の喪服はどうする?

  • 学校の制服。または、色とデザインが地味なもの(黒、グレー、紺など)
  • 白のシャツ(ブラウスやポロシャツでもOK)
  • ズボンやスカートも地味な色のもの

喪服を着用する場合は靴下に注意

喪服を着用する場合は、靴下も黒いものを履くようにします。女性は黒のストッキングを履きます。

普段、黒い靴下を履かないという男性でも、喪服用として1足は準備しておきましょう。また、座ることが多いので靴下に穴が開いていないか確認しておきます。

女性の場合、黒いストッキングは伝線があると目立ちます。予備に数足、準備しておくと安心です。

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

ページの先頭へ