危篤を告げられたらどうすればいい?

家族の容態が悪化し、医師から危篤を告げられたらどうすればいいでしょうか?

それまでに闘病生活が長く続いていた場合と、急激に悪化した場合では心の準備が違ってくると思います。
 

ただ、それでも、冷静にやるべきことを行いましょう。
それぞれの状況によって異なりますが、ここでは危篤を告げられたときの行動についてご説明していきます。

親しい人には早く連絡を

まずは、離れて暮らす家族や親せき、友人など、故人が会いたがっていた人に一刻も早く連絡をしましょう。
もしそういった人が遠くに住んでいる場合は危篤を告げられるまでに知らせてあげるのもいい方法です。
 

臨終に間に合わず、「もっと早く知らせてくれればよかったのに…」と言われないようにしたいものです。
 

危篤の連絡は電話で要点だけを伝えること

危篤を知らせる場合は電話で行ないます。
つながらない場合は、留守電、メール、ファックス、電報など相手にそのことが伝わる方法でとにかく連絡をします。

緊急の場合なので早朝や深夜の連絡でも、相手に失礼にはなりません。
ひと言、「夜分にすみません」と切り出して、あいさつは最小限にし、要点を淡々と伝えることが大切です。

相手によっては経過を聞こうとするでしょうが伝える人が他にもいるケースが多いので、
「詳しくはまたお会いしたときに。他にも伝える人がいるので、失礼します」
と電話を切れば問題ありません。
 

危篤を知らせる親族は三親等くらいまで

危篤を知らせなくてはならない優先順位は一般的に親族で次の順序がいいと言われています。

  • 家族(親、子)
  • 近親者(三親等くらい)
  • 親しい友人

 

三親等とは

三親等というのは、危篤状態の人から見て、両親、子どもが一親等、兄弟姉妹、祖父母、孫が二親等、曽祖父母(ひいおじいちゃん、ひいおばあちゃん)、曽孫(ひまご)、叔父・叔母などが三親等です。

ただ、それにこだわらず親しくしていたかどうかも考慮するといいでしょう。
 

危篤の連絡は職場の人や友人にも伝えるべき?

これは本人の状況にもよります。

現役で働いていて、職場の人が何度もお見舞いに来ていた場合や気にかけてくれている場合は、直属の上司や責任者などに伝えておくといいでしょう。

友人の場合はどこまで知らせるかが問題になります。
後で危篤を知らされていた人とそうでない人がいたとわかると、「自分には声をかけてくれなかった…」と遺恨を残すことになります。
よほど親しい関係で、何度も見舞いに来てくれた人にだけ伝えるなど、本人との関係性などで判断するといいでしょう。
 

危篤の連絡は交流が途絶えていた肉親にも連絡を

親戚でもそれほど親しく交際していない場合は、死亡後に葬儀の日取りなどが決まってから連絡をすれば大丈夫です。

事情があって交流の途絶えていた肉親がいたら、できる限り連絡をしてあげましょう。
仮に死に目に会えないとしても、「ひと言連絡してほしかった」と言われるとお互いに気まずい思いが残ります。

生きている人はその後も交流が続くだけに、まずは連絡はしておきましょう。

タグ:

カテゴリ:葬儀の流れ  [コメント:0]

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

ページの先頭へ