死亡直後、遺族は何をすればいい?

臨終と告げられた後、泣き崩れたり、途方に暮れたり……。

しかし、遺族としては次々とやるべきことがあります。

例えば、末期の水をとったり、死化粧をしたり。
最期のときを迎えたあと、立ち会った全員によってとりおこなうことを知っておきましょう。

末期の水をとる

ご臨終を告げられたら、配偶者、近親者、友人・知人の順に、その場に居合わせていた人全員が「末期の水(死に水)」をとります。
地方によって若干の違いがあるものの、一般的には脱脂綿をガーゼで包んだものを割りばしの先にくくりつけ、茶碗の水に浸して、故人の唇を軽く湿らせます。
これは、故人が生き返るように願う気持ちと、あの世で渇きに苦しまないように祈る気持ちから生まれた風習です。現在では、仏教に限らず広く行なわれています。

死化粧を施す

ご遺体を清めたら、死化粧をしてあげましょう。
やつれが目立つ場合は頬に綿を含ませ、男性はヒゲをそり、女性には薄く化粧をします。
髪を整えてあげるのもいいことです。

ただし、葬儀会社の納棺師が行ってくれる場合もあるので、相談してからでもいいでしょう。

死装束を着せる

死化粧を施したあとは、死装束を着せます。

多くの場合は葬儀会社が準備したものを着せます。

湯かんと言って遺体をきれいにしてから葬儀会社の人が着せてくれることもあります。
簡素にする場合は故人が生前愛用していた衣類を着せることもあります。

また、宗派によってもしきたりは異なるので、葬儀会社に相談してみましょう。

タグ:

カテゴリ:葬儀の流れ  [コメント:0]

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

ページの先頭へ