臨終を告げられたときにやるべきこと

死は、たとえどんなに健康な人でも避けることはできません。
余命を告げられていた場合だけでなく、容態が急変したり、急な事故や病変で突然のお別れが訪れたときでも、
気を確かにもって適切な行動をとりたいものです。

病院で亡くなった場合はどうすればいい?

病院で死亡した場合は死因がはっきりしているケースがほとんどです。

まず看護師が遺体をきれいにしてくれて、霊安室などに運ばれます。
遺族は自宅に搬送するために寝台車を手配します。

これは病院ではしてくれません。
事前に葬儀会社の積み立てなどをしていれば寝台車が無料で来てくれることもありますが、そうでない場合は病院が葬儀会社を紹介してくれます。

また、医師が死亡診断書を書いてくれるので、それを受け取ります。
 

自宅で亡くなった場合はどうすればいい?

最近は在宅医療を受ける人が増えています。

訪問看護や訪問介護をしてくれる医療機関が多くあり、自宅で終末期を過ごすのもそれほど無理なくできるようです。

そのため、在宅で死亡しても、医師の立ち会いのもとで亡くなった場合は問題ありません。
ただし、突然の発作や脳出血で息を引き取った場合は、医師を呼ぶ必要があります。

その後に警察が来て事故や事件ではないか検証する場合があります。

まずは医師に連絡をしましょう。
死亡するまでに容態に変化が見られた状況で医師に連絡をするのがベストです。

 

遠隔地で亡くなった場合の対応

旅行先や出張先などで死亡した場合はその距離にもよりますが、現地で火葬し、遺骨とともに帰るケースがあります。

遺体を寝台車で搬送すると、距離が長い場合は費用がかなりかかります。
どうしても火葬をせずに遺体を搬送したい場合は葬儀会社に相談してみましょう。

事故死・自殺の場合はどうすればいい?

事故死、病気以外の原因での死亡、医師不在で死因が特定できない死亡もあり得ます。
その場合はまず、警察に連絡します。

変死、自殺、他殺などは、死因を突き止めるために司法解剖をされることがあります。
警察の指示に従いましょう。
 

感染症で亡くなった場合の対処方法

ペストやジフテリア、コレラ、細菌性赤痢、腸チフスなどの特定感染症で亡くなった場合は、遺体を自宅に連れて帰れない場合があります。
先に火葬をしてから、遺骨を自宅に持ち帰り、それから葬儀を行います。

この場合は病院の指示に従いましょう。
 

献体をする場合の対処方法

献体とは、医学の教育や研究に役立てるためにご遺体を提供することで、生前にその旨を伝えていた場合や、遺族の同意の元に行われます。
遺体は通夜とご葬儀のあと、病院へ搬送され、遺骨の返還には、通常1~3年かかると言われています。

なお、病院でも毎年慰霊祭などが実施されます。遺族は招待されるので参加するといいでしょう。

タグ:

カテゴリ:葬儀の流れ  [コメント:0]

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

ページの先頭へ