遺体の安置と納棺の流れ

故人のご冥福と成仏を祈るために葬儀を執り行います。
その準備の段階として遺体の安置と納棺があります。
 

安らかに旅立てるようにという気持ちを込めて、
また、長く患っていた場合はゆっくりと休めるようにという気持ちで送り出してあげましょう。

枕飾りを供える

病院から搬送された遺体は、すぐに棺に納めるのではなく、まず布団に寝かせます。

普段使っていた布団でもいいのですが、白いシーツをかけることが多いようです。
一般的には北枕で安置します。

布団は薄手のものをかけてあげましょう。

顔は白い布でおおい、手は胸の上で組ませて数珠をかけます。(宗派によって異なります。)
掛け布団の上には、かみそりやナイフなどの守り刀を置きます。これは守り刀の意味があります。

枕元には成仏を願い、枕飾りを設置します。白布を掛けた白木の小机を用意し、お線香を上げられるようにします。
葬儀会社で準備してくれるので、指示に従いましょう。
 

僧侶に枕経を依頼する

枕飾りが整ったら僧侶に来てもらい、お経をあげてもらいます。これを「枕経(まくらきょう)」と言います。

この枕経によって、死者は旅立ちの導きを得るといわれています。
遺族や近親者は、僧侶のうしろで故人の冥福を祈ります。これを、枕づとめといいます。このとき、遺族は平服でもかまいません。

また、訃報を聞きつけて訪問客が訪れることがあります。
その場合は顔の白い布を外して顔を見てもらいましょう。
 

湯灌(ゆかん)とは?

以前は自宅でたらいなどにお湯を入れて遺体をきれいに拭いたのですが、現在は病院で看護師さんが遺体を清拭してくれます。
これを湯灌のかわりにする場合もありますが、葬儀会社によってはバスタブのようなものを準備して遺体をきれいに洗ってくれるところもあります。

また、親族で布で遺体を拭く儀式を行うところもあります。

一般に葬儀会社では湯灌(遺体の洗浄)、死装束の着付け、死化粧までを一貫したサービスとして提供しています。
相談しながら進めるといいでしょう。
 

棺に納める納棺

納棺は本来、ご遺族が通夜までに行なうものですが、最近は葬儀社が代行することが多いようです。

ただし、その場合も故人の供養のために、できるだけ多くの人が手を添えるようにしましょう。
葬儀会社の担当者が指示を出すので、それに従って行います。

納棺後には死装束を整え、故人が愛用していた品をお柩の中へ納めます。

棺には、金属製やガラス製の品は火葬の際に燃えないので入れないことになっています。
故人の愛用の品でもメガネや指輪などは入れないようにしましょう。
 

棺に入れていいもの

愛読書、たばこ、マフラー、筆など、燃えやすいもの
遺族が書いた手紙
写真
など
 

棺に入れてはいけないもの

ゴルフクラブ、メガネ、指輪、くだもの、生菓子など、燃えないもの燃えにくいもの
 

神式の遺体の安置方法と枕直しの儀

末期の水、湯灌、死化粧は仏式と同じですが、死装束は、神衣という納棺用の衣装をつけます。
遺体を安置したら枕飾りを行ない、枕元に守り刀を遺体の方に刃を向けないようにして置きます。
ろうそくを灯して祈りを捧げます。
 

キリスト教の遺体の安置方法

キリスト教では故人が生前に愛用していた衣類を死装束として着せます。
胸の上で手を組ませ、十字架やロザリオを持たせます。
仏式と違い、必ずしも北枕にご遺体を安置する必要はありません。
 

また、納棺の際には、神父(カトリックの場合、プロテスタントでは牧師)が必ず立ち会います。神父または牧師が祈りの言葉を捧げたあと、遺族の手によってご遺体を納棺します。

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

ページの先頭へ