通夜の前の準備のためにやっておくこと

通夜とは、遺族や近親者が故人に最期の別れを告げ、冥福を祈る儀式のことです。
亡くなって悲しむ間もなく、通夜、葬儀へと進んでいきますが、まずは通夜をスムーズに進めましょう。

あわただしい時間ですが、押さえる点を理解して準備を行うことが大切です。

菩提寺に連絡する

臨終を迎えて、寝台車の手配をしたら、次は菩提寺に連絡をします。
枕経をあげてもらい、同時に通夜の相談をします。

もし近くに菩提寺がない場合や、家で初めて葬儀を出す場合など寺院との付き合いがないケースもあります。
 

その場合は同じ宗派の寺院をインターネットなどで調べて連絡をしてみましょう。仏教は浄土宗、浄土真宗、禅宗、臨済宗など多くの宗派に分かれていて、それぞれにしきたりや読経などが異なります。
もし宗派がわからない場合は両親、両親の兄弟(叔父、叔母など)の親戚に聞いてみましょう。
 

宗派がわかれば葬儀会社に相談すれば寺院を紹介してもらえることがあります。檀家になっていなくても、相談すれば通夜や葬儀に来てくれます。

葬儀の後の納骨や法事など、寺院とは長く関わっていくので、「わからなかったから」とうやむやにしないことが大切です。

通夜の日時と場所を決める

僧侶の都合を聞いたら、火葬場や斎場を使用できる時間の確認をします。

その上で、仕事関係や親戚が到着するまでに要する時間、故人がお世話になった人が来てもらえる時間や曜日などを考慮してスケジュールを決めましょう。

通夜のあいさつは誰がする?

通夜と葬儀の後には喪主や代表者が参列者にあいさつをします。
通夜の席では、通夜が終わったときと通夜ぶるまいの終了時です。
次は葬儀・告別式の後、出棺の際などでしょう。

あいさつの内容はひな型は葬儀会社の担当者が教えてくれます。相談されるといいでしょう。

また、通夜や葬儀は急なことなので、前もって準備する性質のものではありません。葬儀会社の人に教えてもらいながら原稿を書き、それを読みながらでも構いません。

ポイントは

  • 忙しい中を参列してくれたことへのお礼
  • 生前の交流や好意に対するお礼
  • 死亡にいたるまでの様子や死亡時の様子(眠るように亡くなりました…など)
  • 葬儀・告別式の予定を告げる

などです。

通夜に届いた供花や供物は必ず控えておくこと


 

亡くなったことを知った方から自宅や通夜の会場に供花や供物などが届きます。
通夜はバタバタしている状況なので、葬儀が終わって落ち着いてからお礼を伝えるようにしましょう。
誰から何をいただいたのかを1冊のノートに記録していくことをおススメします。
また、祭壇に供える場合は、故人との関係が深い順に並べていきます。

失礼のないように注意しましょう。

タグ:

カテゴリ:葬儀の流れ  [コメント:0]

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

ページの先頭へ